現在表示しているページ
ホーム > 知的財産総合窓口 > 知財総合支援窓口とは
想像力は知識よりも重要な動きである
ここから本文です

知財総合支援窓口とは

中小企業等が企業経営の中で抱えるアイデア段階から事業展開までの知的財産に関する悩みや課題を一元的に受付け、知的財産に携わる様々な専門家や支援機関と共同してその場で解決を図るワンストップを提供する「知財総合支援窓口」が平成23年4月より都道府県ごとに設置されました。

こんな事についてお手伝いします。

  1. 特許制度説明・各支援施策の紹介
  2. 特許出願等の手続き(電子出願の仕方)
  3. 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)検索指導
  4. 企業経営における知的財産意識の動機付け等

さらに知財専門家(弁理士・弁護士)と共同でお手伝いします

  1. 簡易先行技術調査、特許マップ作成支援
  2. ライセンス契約・技術移転(特許活用)支援
  3. 模倣品、侵害訴訟対応支援
  4. 知財戦略・事業化プラン策定支援
  5. 海外展開(外国出願等)支援等

toiawase.gif

なお、ご相談は、待ち時間の解消と一定の相談時間(30 分/ 1 人) を確保するため、予約制をとっています。