現在表示しているページ
ホーム > 知的財産総合窓口
想像力は知識よりも重要な動きである
ここから本文です

アイデア段階から事業展開まで
中小企業の知的財産に関する悩みを解決します

和歌山県発明協会では、和歌山県の中小企業等が企業経営の中でノウハウも含めた知的財産活用を円滑にできる体制を整備し、アイデア段階から事業展開までの一貫した支援と知的財産マインドの発掘を行うため、県内各地(和歌山市、橋本市、かつらぎ町、紀の川市、海南市、有田市、有田川町、湯浅町、御坊市、印南町、みなべ町、田辺市、上富田町、白浜町、串本町、那智勝浦町、新宮市)に知財総合支援窓口・臨時支援窓口を設置します。そこに専門の人材を配置し、中小企業等が抱える知的財産権に関する悩みや課題をワンストップで解決できるよう特許等取得活用支援事業を実施します。

「知財総合支援窓口」には3人の「窓口支援担当者」が常駐し特許等に関する無料相談に応じています。案件によっては、弁理士等の専門家と窓口支援担当者と共同で課題の解決に当たります。

どうぞお気軽にご相談ください。

illust.png

窓口支援担当者による無料相談

利用時間 9:00~17:30
休日 土、日、祝日
12月29日~1月3日
場所 和歌山県発明協会
(フォルテワジマ6階)

知財専門家(弁理士)による無料相談

利用時間:毎週水曜日 13:30~16:30

知財専門家(弁護士)による無料相談

利用時間:毎月1回  13:30~16:30

 

 
   bt-soudan.png

toiawase.gif

なお、ご相談は、待ち時間の解消と一定の相談時間(30 分/ 1 人) を確保するため、予約制をとっています。